安定して働けるところを目指してリクルートジョブズへ転職

安定を目指す

選ばれる側から選ぶ側へ

私は転職するにあたり毎日毎日選ばれる側で、採用される事を待っている側でした。求人を見ても「あぁ…もう人がいっぱいなんだろうね」と勝手に予測してしまっていました。しかし、無事に私はこのリクルートジョブズへ・・・この会社では求人広告の営業でした。あの有名なタウンワークを売るという仕事で毎日企業方へ「仕事募集しているのを見たのでお電話しました」と言うのが仕事です。そして、その企業の採用を引き受け、良い人材を紹介する。それが私が与えられた仕事でした。最初は楽しそうと思っていたのですが、やはり挫折も多く体験しました。

 

 

初めての挫折なかなか受注が取れない

営業って本当に初めは心が折れる瞬間があるものです。私は、毎日電話で営業をしてアポイトメントを取るようにしているのですが…なかなか思うように取ることができません。コチラが「もしもし!」とはなしした瞬間に「今忙しいので」ガシャーン!と来られることは多々ありました。中でも「他社と契約しているのでムリデース」と言われた時には悔しい想いをしました。そしてその悔しさがいつの間にか私の栄養になっていたのです。今では私はエリア位置の営業マンになりましたよ。