薬剤師に転職するまで

薬剤師へ転職することになったあらすじをご紹介していこうと思います。

薬剤師に転職することになった理由

 

私は今までドラッグストアのレジスタッフをしていました。

店舗前に掲載されていた求人情報のお給料や待遇が魅力的で反射的にそのお店の求人へ応募したことを覚えています。

そして、働いていくうちに薬や医薬品に対する知識がどんどんついていき、薬剤師になりたいと思う気持ちが強くなっていったのです。

始めのうちは、転職したいと思う気持ちも弱かったのですが、お客さんからの質問や常連さんから「詳しくなってきているね」と褒められていくうちに転職しようと決意する気持ちへ変わっていったのです。

もちろん転職しようと思ってからとても勉強し、レジ打ちをしている時も今までとは違った観点で仕事をするようになりました。

そしてドラッグストアの店長から薬剤師になることを推薦されたこが最大の転職理由です。

 

転職するにあたっての壁

 

もちろん薬剤師に転職したいと願ったから、推薦されたからと言って必ずしもなれるとは限りません。

様々な試験などもあり、大変です。

しかし、私は自然と勉強できていたため知識が増えていくのが分かりました。

嫌々の勉強ではないため驚くほどスムーズにいきました。

肝心の転職にあたっての壁ですが、それは土地でした…地元が好きだった私は、この土地を離れたくなかったのですが、薬剤師になるためには別の土地に行く必要があったのです。

これについては数か月ほど悩みました。