アパレル販売からホームヘルパー(訪問介護等)へ

森岡雅期さんの紹介

高校時代

中学の時から流行の服が欲しくて興味はありましたが、お金がなくて何も購入することが出来ませんでした。ですが、高校生になりアルバイトを始めるようになってから私の考えはガラッと変わりました。自分はこの先モデルとかにはなれないけれど洋服に関する仕事を確実にしていこうと思っていました。

 

大学時代

高校の時には考えていませんでしたが、モデルの仕事をすることが何度かありました。何度かモデルの仕事はしました。洋服に関わる仕事という感じではなかったので将来は復職系の仕事がしたいと思うようになっていました。

 

前の職種での経験

高校の頃に好きになり将来は、服に関する仕事をしようと思い、若い時の夢を乗せ爆走していました。服飾の仕事をしている時にお客様から特別にオーダーされることもありました。私はデザイナーではなかったのですが、お客様の為に何かをしているのが好きなので、要件を聞いては、それに近いもの作ってデザイナーの人に作ってもらっていました。私は、この仕事をして自分に出来ることと出来ないことの判断をつけられるようになりました。無理な物は、努力しても無理なのだと思い知ったのです。

 

ホームヘルパー(訪問介護等)へ転職する際のエピソード

苦労したこと

前職の時に、介護されながらお店に来られる人を見たことが何度かあります。2回目か3回目の時に私は、介護に興味が移っていました。転職をしようと思い準備はしているですが、全く畑違いの仕事なので転職をして成功なのかと自問自答を何度も繰り返しました。