その他販売(花屋・ペットショップ他)からホームヘルパー(訪問介護等)へ

高橋喜澄さんの紹介

中学校時代

良心が共働きで家を不在にしている時が多かったので、小学校の時から中学まではおばあちゃんと一緒にご飯を食べる機会がとても多くありました。だから私は、俗にいうおばあちゃんっ子でした。

 

高校時代

高校の時になった時は、おばあちゃんも介護施設に行かれて1人でしたが親が私を心配してなのか犬を買ってくれました。私は毎晩必ず犬の散歩は欠かさずしていました。この時から将来は動物に関する仕事がしたいと思うようになっていました。

 

大学時代

テレビでトリマーのドキュメンタリーを見て感銘を受けました。動物にここまで愛情を持って取り組む人がいるのだということに驚きました。ですが、私はトリマーではなくドッグトレーナーに憧れました。

 

長所

私の長所は、口に出していったことは確実に実行する事です。失敗したとしても最後まで諦めないで続けていくことが出来るのは私の強みだと思っています。

 

短所

長所の反面、確実性を求める傾向にあるので失敗するかも知れないことは口に出さなくなりました。確実に出来ると思えることしか言わなくなったのでチャレンジ精神が抑制されたと同等の意味を持っていると思います。

 

前の職種での経験

私は、高校の時に親に買ってもらった犬にとても執着していました。それ故にペットショップに就職しました。ペットショップでは、販売の係とトレーナーの係を兼用していました。

 

ホームヘルパー(訪問介護等)へ転職する際のエピソード

苦労したこと

ペットショップで働いている時に祖母が帰ってきました。私は、仕事を介護施設に転職しました。おばあちゃんだけの相手は知っている人だから良かったのですが、他の人は知らない人だったので何も知らない状態で対応することがとても難しかったです。