パン屋・ケーキ屋からカフェ・喫茶店へ

半田鈴奈さんの紹介

中学校時代

私は、甘い物がけっこう好きな方で部活動の終わりでも友人たちと何かと言っては甘い物を食べていました。この時は、フルーツ系でもさっぱりしたものを好んでいました。チョコレート等の甘い系統は、それほど好んではいなかったと思います。

 

高校時代

この頃から徐々にチョコレート等の甘い物にはまっていった記憶があります。1人で食べることも好きでしたが友達と一緒に話しながら食べる時間が一番好きだったと思います。高校の頃は友達とそういう時間を過ごしている時が一番幸せだったような気がします。

 

大学時代

私は、大学へは進学しませんでした。甘い物が好きな事が転じて洋菓子の専門学校へ入学したからです。専門学校を卒業したらそういう系統の仕事に就きたいと思っていました。

 

長所

何事にも善悪はある。その中で善だけを常に選ぶ

 

短所

物事には、善と悪があります。ですが私は善しかないと勝手に考えてしまっている点があります。

 

前の職種での経験

洋菓子の専門学校に通っていたこともあり、学校を卒業後にケーキ屋さんでケーキの創作作業員として勤務しました。そこで、1つの物を1人が作るのではなくて皆が協力し合ってしていくのが社会の中にあるケーキ屋とケーキ職人だということを知りました。

 

カフェ・喫茶店へ転職する際のエピソード

苦労したこと

もう10代の時から何年もケーキを作り続けていて、少し人恋しくなりホールのスタッフの仕事をするようになりました。少しの期間ですがさせて頂いたのですが本当に辛い思いをしました。他人のペースに合わせることがこれほどまでに辛いとは知りませんでした。