洋服販売員からホールスタッフへ

植野 リチャード 正吉さんの紹介

中学校時代

アメリカで生まれて小学生から中学生になる時に日本に来ました。父が黒人で母が日本人です。私は100%黒人ではなく50%だけが黒人なんですが、見た目が外国人なので怖がられることがよくありました私は怖い人間ではないので

どうにか自分を分かってもらおうとお笑いのようなことをしたり話したりして分かってもらいました。

高校時代

中学時代の事が噂となり本格的にお笑いの道に進もうとしていました。本当に進もうと思っていたのですが、父親がお笑いの道はお前が考えているように甘い考えでは行けないと説教をされて自分の進む道を変えました。お笑いの道を諦めて進学を考えて勉学に励みました。

大学時代

生まれて初めてアルバイトをしました。人と話す事が大好きですし、私は、黒人とのハーフなのです。それだけで興味を持ってくれる人もいて店の売り上げに大きく貢献することが出来ました。私もここまで売り上げに貢献できるとは思ってもいませんでした。

長所

100%社交的で、人見知りがもともと存在しない性格です。いつでもどこでも誰とでも楽しく話をする事が出来ます。

短所

長所が強いので、人の繊細な部分を考えられない部分があります。

洋服販売員の経験

お客様が来られた際に、私がコーディネートするわけではないですが、助言をいう機会が多く有りました。間違ってはいけないと思っているので自分の趣味とは全く関係ない洋服に関する知識も多く学びました。

ホールスタッフへ転職する際のエピソード

苦労したこと

洋服店で、お客様にオススメしていた時の様には出来ませんでした。お客様によって食べられる量を知っておかなければいけないんですがそれが分かるまで本当に苦労しました。