トラック運転手から飲食店調理へ

重盛さんの紹介

1976年に生まれ、新潟県相沼高等学校を中退。中退理由として、校庭内でのドッチボールの最中にガラスを割ってしまい、謝罪をしなかったために退学を促された。そのことを不憫に思った、時のトラック運転業務を行っている「最島組」の社長 最島基通さんにより、トラックの運転業務の勧誘を受けて、作業をしていく。

中学校時代

数学が大好きで、暇があれば因数分解をしていました。特に解の公式はもう大好きで、暇があったらずっと解の公式でルートを使って数字の分析を行っていました。

高校時代

高校時代は、二次不等式でつまづきそこから勉強が大嫌いになってしまいました。解の公式を使ったとしても不等号の位置がよくわからず全然理解できずに終わってしまったため、そこから毎日校庭でドッチボールの日々を過ごしていました。

フットワークの軽さです。特にこうと決まったら即行動することができているため、非常に行動が早く、周りから評価されていました。

短所

飽きっぽいところです。3日坊主になりがちです。

トラック運転手の経験

トラック運転手では、多くの土地を行き渡ったりしていました。佐渡ヶ島や新潟だけでなく日本全国を回りました。

飲食店調理へ転職する際のエピソード

苦労したこと

異職種への転職であったため、経験等を聞かれ、非常に苦労しました。